Webマーケティング

YDNバナー(Yahoo!プロモーション広告バナー)の審査落ちを回避する術!

ydn_bnr

こんにちは、Tomorrow Arch 中原です。

Webコンサルタントとして活動する中での情報を

みなさんにシェアしたいと思います。

 

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の掲載フォーマットには、「テキスト広告」の他に、画像バナーを使った広告出稿ができる「ディスプレイ広告」があります。

GoogleとYahoo!で、同じ画像バナー出稿した場合に、Yahoo!だけ審査落ちするケースが多々あるようです。恥ずかしながら、弊社も、YDNバナー審査落ちの洗礼を受けたので、その理由や回避の情報をシェアします。

よくある審査落ちする例

広告の主体者が不明確

  • 会社名、ブロンド名、商品名、サービス名のいずれかのロゴマークの表記
  • もしくは、「提供:●●●」の形式で、会社名を表記
  • アニメーション画像の場合は、最後の停止画像に表示

Yahoo!JAPANコンテンツに似ている表現

画像内で、「タイトルバー」「タブ」などを使った表現や、「検索マーク」を付け検索ボックスの画像。

 

白背景、透過画像でバナー領域が不明瞭

白背景、透過画像の場合で、どこまでが広告領域か不明瞭になるものは、間違ったクリックする可能性があるため、視認性のある線で広告の枠を囲む必要あり。

 

ユーザーに迷惑となる広告の禁止

  • 目のアップ、口のアップなど、人体の局部をアップし、不快感、嫌悪感を与える画像
  • 人体のコンプレックスが露骨に表現されているもの
  • 肌の露出が多いもの、性に関する表現が露骨なもの

ビフォー・アフターの表現、誇大広告の禁止

ダイエットやホワイトニング、その他美容系のチラシでよく使われている、ビフォー・アフターの写真掲載は、「誇大広告」として審査落ちとなります。

連絡先情報が含まれている表現は禁止

  • 住所
  • Eメールアドレス
  • 電話番号
  • FAX番号
  • QRコードなどの2次元コードの文字情報

画像と広告情報の不一致

  • 画像とリンク先の情報が一致しない
  • 画像と広告文の情報が一致しない
  • 複数の広告文に対し画像が1つ
  • 複数の画像に対し広告文が1つ

例えば、広告文は「単身用」お得プランだが、画像では単身用以外の「学生用」「女性用」などのお得プランもある。
画像では「10万円」だば、リンク先では「15万円」になっている。など。

最大級・絶対的表現を行う場合は根拠を示す

No.1、世界初、最大、最高、最小、最速などの最大級・絶対的表現を行う場合には、画像内に第三者によるデータ出店、調査機関名および調査年の明記が必要。調査データが過去1年以内のデータであることを明記。

よくある例は以上です。
上記の例に気を付けながら、Yahoo!プロモーション広告バナーの出稿前には、こちらの公式ラーニングポータルをご参考ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業・小規模ビジネスのオーナーさま、 Webのお悩み、誰に相談していますか?

【無料相談】ホームページの悩みを相談したい方は他にいませんか?
今なら相談特典として「Web活用7つの質問集」をプレゼントしています。

今すぐ無料相談