Webマーケティング

Web活用の三種の神器 

Web活用の三種の神器

3回に分けてお届けする、女性起業家さんのためのWebマーケティング「Web活用」基礎講座の第2回目です。

―女性起業家さんのためのWebマーケティング「Web活用」基礎講座

1. 「 ホームページがないと、大切な・・・を失ってる」
2. Web活用の三種の神器
3. 図解でわかる!具体的なWebを活用したお客さま開拓の流れ

ホームページを持っているけど。。。効果がでないのはなぜ?

前回の記事 1.「 ホームページがないと、大切な・・・を失ってる」 でご説明したとおり、

ホームページの役割は、

「見込み客を集め」⇒「お客様が求めている情報を提供」⇒「行動してもらう」ことです。

 

文章にして、さらっと読むと、おーそうか簡単そう!と、できそうな気がしますね。

でも、ここでよく考える必要があります。コンセプトワークです。

 

  • どんな人が「集めるべき見込み客なのか」 =誰に
  • 「そんな情報を求めているのか」 =何を
  • 「どのような行動をとってもらいたいのか」 = どのように

を深堀します。

そしてそれを明確にしてから、必要なツールを整えるのです。

それが、Web活用の三種の神器になります。

 

Web活用の三種の神器

  1. 自社サイト(ホームページ)
  2. ブログ(更新・情報掲載ツール)
  3. リスト(SNS or  メルマガなどのプッシュツール)

 

説明すると、

1.自社サイト(ホームページ)

まさにホームページの名前の通り、自分のホームグラウンドです。

外部にブログがあって、SNSがあって、他でコラムを書いたり、食べログやホットペッパーなどで紹介ページを持っていても、自分の情報を集約したホームページ(オフィシャルサイト)は必要です。何度も見に来てもらえるようなホームページが理想です。

 

2.ブログ(更新・情報掲載ツール)

外部ブログ(アメブロやgoo、ライブドアなど)でも構いませんが、できればホームページ(オフィシャルサイト)内に、自分で更新できる仕組みやブログがあるのがベストです。

もしくは、パソコンが苦手、ホームページに時間が割けない、ようであればブログやCMSではなく、ホームページ制作会社と契約をしてスムーズに更新してもらえる体制を整えておきましょう。

 

3.顧客リスト (SNS or  メルマガなどのプッシュツール)

ブログやお知らせ、ホームページを更新しただけで満足してしまう人が多くいらっしゃいますが、

更新しただけでは誰も気が付いてくれません。

「更新しました」と伝えて初めて気が付いてもらえるのです。

 

ここで大切なのは「情報を伝える顧客リスト」が必要!ということです。

 

リアルに来店してくださった客さま、気になってホームページを見てくださったお客さまに、「情報をお届けする許可をもらう」のです。

SNSのいいね!やフォローでも構いませんが、できればメルマガをおすすめします。

 

これが、「行動を起こしてもらう」の一つです。

何ごとも望まなければ叶いません。きちんとアピールをする必要があります。

そして、リスト登録をしてもらうために、情報を受け取るメリットを与えてあげます。

割引やクーポン、無料プレゼント、無料サンプル、無料の情報などを付与することでリスト数を増やしていきます。

※このリストを活用する手法で代表的なものに「ツーステップマーケティング」があります。ツーステップマーケティングの詳細はまた後日書きます。

新規獲得にも、リピーターの獲得にもこの「リスト」がとにかく大切です。

 

こんなお話があります。

江戸時代の商人は、火事が起きると、現金や商品ではなく、

まっさきに、「顧客台帳」を持ち出したそうです。

顧客リストさえあれば、商品をまた仕入れ、その方々に売ることができるからです。

 

現在は、情報戦国時代

現在は「情報爆発時代」、「情報戦国時代」と呼ばれています。

ネットが発達する前に比べると、とてつもない量の情報に触れてながら生活しています。

昨日の夜に見たテレビ番組を覚えていますか?

消費行動も変わった

マーケティングでは、消費行動がネットの発達で変わったと言われています。

「AIDMA」の法則から「AISCEAS」の法則へ。

  1. Attention(注意)

  2. Interest(関心)

  3. Desire(欲求)

  4. Memory(記憶)

  5. Action(行動)

  1. Attention(注意)

  2. Interest(関心)

  3. Search(検索)

  4. Comparison(比較)

  5. Examination(検討)

  6. Action(購買)

  7. Share(情報共有)

 

いろいろな差異がありますが、「Memory(記憶)」がなくなりました。

今日、気になっていた商品のことも、数日するとその商品が気になっていたことすら忘れてしまいます。

昨日食べた昼食のお店を覚えていますか?旅先で立ち寄ったお店を覚えていますか?

ネットやスマホが発達するまでは、メモをとったり必死に覚えたりしていたことでしょう、

最近は、情報はなんでもスマホに保存しています。

そのような中、お客様に忘れられない、常に「気になる存在」であり続けるには、

こちらから情報をお届けする必要があります。

 

まとめ

ホームページを持っているけど効果がでないのは、「お客さまにとってもらいたい行動を正しく示していない」から。

情報が爆発している現在では、忘れられないように「情報をお届け」する必要がある。

この「情報をお届けする」仕組みを持つことが、Webマーケティング(Web活用)の第一歩。

そのための三種の神器は、

  1. 自社サイト(ホームページ)
  2. ブログ(更新・情報掲載ツール)
  3. リスト(SNS or  メルマガなどのプッシュツール)

 

この3種の神器は、大掛かりな初期投資や、システム、とても立派なWebサイトは必要ではありません。

スマホに対応した自社サイト(ホームページ)と、ブログ(アメブロでもOK)、リスト(LINE、FacebookでもOK)です。

 

女性起業家さんのためのWebマーケティング「Web活用」基礎講座

1. 「 ホームページがないと、大切な・・・を失ってる」
2. Web活用の三種の神器
3. 図解でわかる!具体的なWebを活用したお客さま開拓の流れ

中小企業・小規模ビジネスのオーナーさま、 Webのお悩み、誰に相談していますか?

【無料相談】ホームページの悩みを相談したい方は他にいませんか?
今なら相談特典として「Web活用7つの質問集」をプレゼントしています。

今すぐ無料相談