Webで使われる3文字略語集

ROAS/広告費に対して得られた売上金額(Return on Ad Spend)

ROASとは、

ROASとは、Return on Ad Spendの略で、「広告費用に対して得られた売上金額」を意味します。

広告によってどのくらいの売り上げが上がったのかを示す指標です。

ROASの計算式

ROAS(%) = 売上額 ÷ 広告費 ×100

売上金額を出稿した広告費用で割って計算します。

一つの商品だけの場合には、商品単価をCPA(1件あたりの獲得コスト)で割ることでROASを計算することもできます。

ROASの見方

ROASが100%以下の場合は、売上よりも広告費用の方が高かったつまり赤字を意味します。
「ROAS」が広告費用に対しての「売上」を示すのに対して、「ROI」は広告費用に対しての「利益」を示すという違いがあります。

「ROAS」が100%を超えていても、「ROI」がマイナスならば、その広告キャンペーンは、増益にならなかったという判断ができます。

広告効果の評価には、ROAS、ROI

インターネット広告の効果指標に、CPA(1件あたりの獲得コスト)や、CPC(クリック単価)CPM(インプレッション単価)がありますが、これらは「費用」を測定する指標になります。

一方、ROAS、ROIは「得られる利益」を測定する指標になります。

 

Webで使われる3文字略語は一覧はこちら

中小企業・小規模ビジネスのオーナーさま、 Webのお悩み、誰に相談していますか?

【無料相談】ホームページの悩みを相談したい方は他にいませんか?
今なら相談特典として「Web活用7つの質問集」をプレゼントしています。

今すぐ無料相談