Webマーケティング

Googleが提唱するマイクロモーメント”小さな瞬間”にチャンスがある!

マイクロモーメント

スマホで情報を検索する瞬間は「4パターン」に分けられます。
●”知りたい”瞬間 Want-to-know moments

●”行きたい”瞬間 Want-to-go moments

●”何かしたい”瞬間 Want-to-do moments

●”買いたい”瞬間 Want-to-buy moments
これらは、消費者の”欲しい”という小さな瞬間で、消費者行動の原点です。

無視できない存在となったスマートフォン

日本のスマホ普及率が7割を超えた現在、消費者の行動も大きく変化しています。

例えば、扇風機が壊れて買い替えなければならなくなった時、みなさんはどうしますか?

昔ならば、家電量販店に行って扇風機を選び買い替えていました。

しかし現在はどうでしょう?

気になったものがあれば、まずはネットで検索をします。

パソコンはもちろんですが、いつも身近にある手元のスマホで最新機種を調べ、機能や、価格、デザインを比較検討します。

そして、そのままネットで買うこともよくある行動です。「家電」のEC化率は28%でもっともEC化率の高いジャンルです。(電子商取引に関する市場調査(2015年度))

もちろん、ネットで調べた後に、店頭に足を運び、実物を確認してから店頭で購入するケースもあります。

このように、消費者が何かを”欲しい”と思った瞬間にとる行動が、昔に比べ多様化しているのです。

この「消費者が”欲しい”と思った瞬間」に、目の前にあるデバイスを使って調べ・買うという瞬間のことをGoogleは、「マイクロモーメント」と提唱しています。

 

この数字を見て、ビジネスにどう役立てますか?

●”知りたい”瞬間  
66%のモバイルユーザーがテレビCMで見た情報をモバイルで調べる

●”行きたい”瞬間
82%のモバイルユーザーが周辺地域の情報をスマホで検索する

●”何かしたい”瞬間
91%のモバイルユーザーが何かをする際のアイデアを得るためにスマホで検索する

●”買いたい”瞬間
82%モバイルユーザーが店頭で商品を購入する前にスマホで機能や評判を調べる

 

そしてこの”小さな瞬間”は、生活者が何かを決断したり、ブランドに対する好みを形成する大切な瞬間でもあります。

 

マイクロモーメントをどう活かすのか

1. リーチを増やす
消費者のマイクロモーメントを見つけて、ターゲティング機能を活用する
HOW-TOなどの動画は効果的

2. コンバージョンを増やす
それぞれのマイクロモーメントに最適な情報を最適なタイミングで届ける

スマホ対応は必須!

ユーザの気持ちに立って、どのマイクロモーメントが自身のビジネスにマッチするのか、そしてさらにマイクロモーメントを増やすことができないかを検討してみてください。

まとめ

消費者の”欲しい”という小さな4つの瞬間

●”知りたい”瞬間
●”行きたい”瞬間
●”何かしたい”瞬間
●”買いたい”瞬間

は、消費者行動の原点。

スマホが普及した現在では、その消費者行動の「原点」を活用できる、ネット(IT)の対応とマーケティングは、今後ますます重要事項となっていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業・小規模ビジネスのオーナーさま、 Webのお悩み、誰に相談していますか?

【無料相談】ホームページの悩みを相談したい方は他にいませんか?
今なら相談特典として「Web活用7つの質問集」をプレゼントしています。

今すぐ無料相談