Web活用お役立ちコラム

2017年のWebの動向・トレンドは?Webマーケティングの視点、デザインの視点の二つの視点から

こんにちは、Webマーケティングナビゲーター Webデザイナーの中原ひとみです。

3連休を控えて、まだまだお正月休みムードから抜け出せませんが、フル稼働に向けて準備運動中の昨日今日です。

さて、年の初めということで、2017年のWebの動向・トレンドは?WebマーケティングナビゲーターとしてのWebマーケティング視点と、Webデザイナーとしてのデザイン視点、この二つの視点から2017年のWebの動向・トレンドをベスト5にまとめて見ました。

ベスト1 「モバイルファースト インデックス」

やっぱりコレですね。
「○○ファースト」の言い回しは、小池都知事の影響でまざまざなところで使われるようになり、2016年の流行語大賞にもノミネートされましたが、「モバイルファースト」がWeb業界で言われるようになったのは、スマホ普及が急速に進んだ2012年ごろです。

そして、2016年11月にGoogleから「モバイルファースト インデックス」の導入アナウンスが正式にありました。

正式なリリース時期の発表はありませんでしたが、数ヶ月のテスト期間を経てからとのことですので、今年2017年の春頃には全面リリースではないか?という見立てをされている方が多いようです。

「モバイルファースト インデックス」とは、検索エンジンの表示順位を決める際に、スマホサイトのソースを見て判断をするというものです。

スマホとデスクトップを別々に作っていて、デスクトップサイトを優先し、スマホサイトのコンテンツが手薄になっている方は、早めに対応しておきましょう。》モバイルファースト インデックスの詳細はこちら

ベスト2 「アクセス解析 流入キーワードが完全に取れなくなる」

すでにGoogle検索のSSL化は2014年に実装され、GoogleアナリティクスでGoogle検索の流入キーワードは取れなくなっていました。

Yahoo!検索は何度かSSL化を試みながらも全面実装はされていませんでしたが、「2017年3月までに全面SSL化をする」と発表されています。そして、昨年末から徐々に取得ができなくなっています。

流入キーワードが取れなくなることについての対策法は、後日記事をまとめたいと思っていますが、Google検索に限っては「Googleサーチコンソール」を使うことでタイムラグはありますが流入キーワードの取得ができます。

ベスト3 「トレンドカラーはグリーン!Greenery」

※画像はPANTONEサイトより引用

PANTONE(パントン)という世界共通で使われている色見本があります。そのパントンは毎年トレンドカラーを発表するのですが、2017年のカラーはGreeneryグリーン(#88B04B)だそうです。

パントンWebサイトはこちら http://www.pantone.jp/color-of-the-year-2017

グリーンが与える色彩効果は、安心感や安定、調和を表す色です。木や森などの自然の色でもあるので気持ちを穏やかにし心をリラックスさせてくれます。

グリーンのイメージキーワードは、エコロジー、リラックス、安全、クリーン、健康、生命力、自然などになります。

ベスト4 「CtoC プラットフォーム事業」

「CtoC」とは「Consumer to Consumer」の略で、個人間で物やサービスのやりとりをすることです。CtoCの老舗はヤフオクですね。最近はメルカリなどのフリマ感覚のCtoCが人気です。ハンドメイド作家さんが自分の商品をネット上で販売するcreamminneもCtoCの一種です。そして何かと話題のAirbnb(民泊マッチングサイト)やカーシェアリング、レンタルスペースや貸し会議室もCtoCです。どんどん新しいビジネスモデルが生まれています。

そして、今年ますます利用が増えるのではないかと思っているのが、「教えたい人と学びたい人をマッチングするCtoC教育事業」です。動画による映像授業を公開することができる仕組みは、すでに世界的に盛んで「Udemy」の日本語サイトをベネッセが2015年にローンチしています。

主婦の起業や、サラリーマンの副業がブームになる中、「自分のスキルを教えてお金を得る」CtoC教育は増えるのではないでしょうか?

ベスト5 「でっかい文字&動画背景」

「パララックス」「ミニマム」はますます進むと思います。

パララックスとは視覚効果のことで、Webではスクロールに合わせて奥行きのある動きを加えるレイヤー効果を利用したデザインになります。参考にパララックスデザインのまとめサイト

動画を背景にしたデザインも増える傾向で、一部分だけが動く「シネマグラフ」を取り入れたりと、シンプルながらも個性を出した動画が増えています。

ミニマムとシンプルの違いは難しいですが、辞書では「シンプル」は単純、簡素と書かれており、「ミニマル」は最小限とかかれています。iPhoneのデザインはミニマムですね。

さて、これらのトレンドをWebで使う場合に、パララックスや動画は大きな画像を使いますので、不要な物を削ぎ落とさなければゴチャとするので、全体としてはミニマム傾向になります。しかし、デザインとしてはメリハリが必要です。そこで文字の強弱でメリハリをつけることになります。タイポグラフィーですね。

そして、スマホ、レスポンシブの影響で、一昔前に比べでフォントサイズを大きく作るようになってきていますので、基準フォントが大きくなると、それにつられて見出しなどは「でっかい文字」になってきています。

 

以上、2017年のWeb動向をまとめてみましたが、つくづくWebは範囲が広いなー。デザインだけでも、jQueryとか動画とかも取り入れないといけないし、デザイン一辺倒だと商売っ気がなさすぎて成果が出ない。日々精進し頑張ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加