Web活用お役立ちコラム

リニューアルするときにSEOランクを落とさないための注意点

こんにちは、WebデザインTomorrow Arch 中原です。

Webプランナーとして活動する中での情報を

みなさんにシェアしたいと思います。

 

サイトをリニューアルしたら、アクセスが減ってしまった!

なんてことにならないように、

リニューアルするときにSEOランクを落とさないための注意点をまとめてみました。

 

技術的な担当者でなくても、Web担当者、Webマーケッターなら抑えておきたい項目です。

サーバーの移転をしても大丈夫?

サーバーを移転すると、IPアドレスも変更になりますが、SEO上の問題は特にありません。

参考:サーバー移転するときの注意点 ~ DNS編

 

※ホームページをリニューアルや移行する場合には、極力ドメインは変更しないようにしましょう。理由は後日記事をUPします。

 

ドメイン変更をしない場合の、適切なサイト移行方法

レスポンシブデザインへのリニューアルなどのケース、

サーバー移行のみのケースが該当します。

気を付けなければならない項目は下記です

  • URLを同じに保つ、無意味な変更はしない。
  • やむ負えずURLを変更する場合は、適切に301リダイレクト(※)設定を行う。
  • ページタイトルを同じに保つ、無意味な変更はしない。
  • メタタグを同じに保つ、無意味な変更はしない。
  • 上手くいっているリンク階層は同じに保つ。上手くいっていない場合にはリンク階層を整理して最適化する。
  • 上手くいっているページコンテンツは同じに保つ。上手くいっていない場合にはコンテンツを見直したり、統合したりと整理、作り直しをする。

※301リダイレクトはサイトの「恒久的な移転」をクローラーに通知する手法です。

 

基本的には

URLや、ページタイトル、メタタグ、ページの階層(ナビゲーション)などを

元と同じ状態を保つようにするとSEOランクを維持したままリニューアルができます。

 

ドメインを変更する、適切なサイト移行方法

まずは意点から、

ドメインを変更する場合に、適切なサイト移行を行わなければ、

旧ページにアクセスした人は404エラー(”Not Found”『見つかりません』)になってしまい、

ユーザビリティを損ないます。

外部サイトからもらっているリンクや、ブックマークなどからのアクセスの時に、404エラーは避けたいものです。

そればかりか、同じサイトが2つ、つまりミラーリングサイトがあると検索エンジンにみなされ、

ペナルティーを受け大きくSEOランクを落としてしまう可能性もあります。

 

ですので、適切なサイト移行で行うわなければならないことは、

サイトの「恒久的な移転」をクローラー(検索エンジン)に通知することです。

それは、301リダイレクト設定で行います。

 

301リダイレクトは、 被リンクやPageRank、ドメインの運用年数等も、旧ドメインから引き継げますので、検索エンジンからの「評価」を維持できます。

つまり新ドメインに移行したことによって、SEOランクを落とさずに行こうができます。

 

301リダイレクトについて

301リダイレクトの技術的な設定については割愛ますが、

個別ページ単位で設定ができますので、ドメインの変更はないものの、下階層のURLが変わる場合には、1ページづつ、新旧のURLを記述して、検索エンジンに通知します。

 

301リダイレクトを使用するには、

  • Webサーバーに「Apache(アパッチ)」を利用している
  • 「.htaccess」が利用できる環境である

などの、サーバー前提条件がありますので、

実際の設定は、担当の制作会社さまにご相談ください。