選ばれる理由

セールスの根本を抑えたWEB戦略

インターネットに限らず、「マーケティング」とはどんな意味でしょうか?

一般的には、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」というになります。

つまり、顧客のニーズを見極めて、それに対して情報を与え、商品の価値を理解してもらい、「その商品をください。」と言ってもらえる状態を作ることです。

有名なピータードラッガー氏は、「マーケティングの理想は、販売を不要にするものである」と言葉を残しています。

この「販売を不要にする状態」を、インターネット上で行うことが「インターネットマーケティング」です。

インターネットマーケティングは、マーケティングの一部分であり、マーケティングの原理原則は、オンラインもオフラインも変わりはありません。

インターネットはマーケティングと相性がよい

マーケティグの原理原則は、顧客のニーズを見極めて、それに対する情報を与え、商品の価値を理解してもらい、「その商品をください。」と言ってもらえる状態を作るのですが、インターネットは、それを実現するのに適したツールであることに、お気づきでしょうか?

顧客のニーズを見極める:アクセス解析を使った検索キーワード分析
情報を与える:ホームページをはじめ、ブログや、SNS、インターネット広告
商品の価値を理解してもらう:コンテンツマーケティング、メルマガ、ステップメール、無料オファー、ウェビナー
「その商品をください。」と言ってもらう:電子決済(ECサイト)、申し込みフォーム、スマフォからはタップで電話申し込み

つまり、インターネットマーケティングを行うためのツールが、SNS、ブログ、インターネット広告、コンテンツマーケティング、スマホ対応、メルマガ、ステップメール、ウェビナーなど・・・数多くあり、今後もどんどん増えていくことでしょう。

インターネットの普及により、消費活動のモデルは確実に変化しています、現在マーケティングを行う上で、インターネットの活用は欠かせないものとなっています。

先人の知恵

価値と価値の交換である商売が始まった時から、セールスの歴史は始まっています。
マーケティングの歴史も古く、1730年代にメディアとしての雑誌が登場し、アメリカでは1950~1972年頃がマーケティングの成長期と言われています。

この歴史の古いマーケティングには、必要な考えを整理するための「フレームワーク」が色々存在します。

ロジカルに考えるマーケティングの先駆者達は、自分の考えを誰にでも再現できるように、システム化、体系化をするのを、好むのかもしれません。

代表的なものは、3C、SWOT、4Pなどです。

インターネット時代となると、情報の共有、顧客志向となり、単純に広告をインターネットで見せるだけでなく、顧客への価値を提供することが重視されるようになり、購買行動をモデル化した理論に、AIDMA(アイドマ)・AISAS(アイサス)の法則なども言われるようになりました。

また、セールスレター、文章においても、体系化された文章構成の型もあります。

文章構成の型のQUESTフォーミュラや、消費者心理のGDTの法則。他にも、心理学に基づいた、購入したくなるトリガー(引き金、きっかけ)なども、多くの先人達が体系化しています。

これらの法則が絶対ではありませんが、有効に活用することはマーケティングの助けになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加